家計簿が続かないを解決!アプリでシンプル管理する方法教えます!

目安時間:約 11分

家計改善したいのに家計簿が続かないのをどうにかしたい!

 

なんて思いませんか?

家計簿アプリ使ってみたけど続かなくて・・

毎月の光熱費やスマホ代は自動引き落としだから
いくらかかっているのか調べるのも面倒だし
クレジットカードや銀行口座とアプリを連携して
支出データが上がってくるようにしたけど
使った当日に反映されないでしょ?
だからいくら使ったかすぐ把握できないんだよね・・

 

どうしたらカンタンに管理できるかなぁ?

 

そうだよね。

わたしも最初は家計簿アプリに入力するだけ
になってて・・
でも今はクレジットカードや銀行の連携も辞めて
固定費入力は毎月同じ金額で繰り返し設定して
おくようにしたらすごくラクになって、
支出状況もわかりやすくなったよ!

 

 

  • 家計簿アプリに入力するだけになっている
  • スマホ代、光熱費といった固定費の入力が面倒
  • クレジットカードで使った金額が反映されるのが遅い

 

こんな理由で

 

入力するけど振り返りができず

面倒になって続かない

 

ってことが多いのではないでしょうか?

 

 

わたしは家計簿アプリを無料でも有料でも

複数種類使ってみました。

 

色々やってみた結果、

 

無料で連携しないで使うのが

 

シンプルでわかりやすく続けられる方法

 

だとわかりました。

 

その方法を詳しくご紹介します!

 

 

「家計簿が続かない」を解決!家計簿をつける目的は?続かない原因は?

あなたが家計簿をつける目的はなんでしょうか?

家計簿が続かない原因はなんでしょうか?

 

 

 

 

貯金を増やしたい、無駄な買い物を減らして家計改善をしたい

 

のが目的ですよね?

 

家計簿が続かない原因は

 

入力が面倒で、振り返りができていなく

 

家計改善になっていないから

 

じゃないでしょうか?

 

家計改善するためにはアプリをただ入力するだけでは

実現できません。

 

入力がカンタンで振り返りがしやすければ

 

続けられるようになります。

 

その結果家計改善も実現できる

 

のです。

 

家計簿アプリの入力をカンタンで振り返りやすくするためにすることとは?

家計簿アプリの入力をカンタンにするためには

まず下準備が必要です。

 

大ざっぱでOK!家計簿アプリを入力する前に毎月の収入、固定費、貯金額、変動費を確認!

貯金を増やすにはまず、毎月の貯金額だけでなく

収入、支出の予算設定が必要です。

 

貯金額だけ決めて別口座に貯金をしていても

予算設定していないと

 

収入以上に使ってしまう原因になりやすい

 

のです。せっかく貯金していても意味がないですよね。

 

でも、毎月の収入って多少上下するし、
光熱費やスマホ代も毎月ちょっとずつ変わるよね?
それを把握してアプリに入力するのが大変なんだよね。
どうしたらいいの?

 

毎月の収入や固定費の多少の変動は気にしなくてOK!
そこを気にすると大変になって家計簿続かないからね!
高熱費もスマホ代もだいたいで大丈夫だよ。

 

 

 

 

収入は会社員であれば残業代は入れないで

固定給分を収入するとか、数カ月分の平均にするとか、

あなたに合うルールで固定設定します。

 

光熱費は少し面倒ですが、

1年分の平均を調べてみてはどうでしょうか?

電力会社やガス会社に問い合わせしてみてもいいですね。

あなたの情報をお伝えすれば1年分の料金を教えてもらえます。

 

収入、貯金額、固定費を同じ金額で設定しておけば

 

残りの変動費は自動的に決まります。

 

 

クレジットカードや銀行と連携はしなくてOK!すぐ振り返りができるのは「手入力」!

今の家計簿アプリはクレジットカードや銀行

証券会社など、金融機関と連携できて

すごい仕組みになりましたよね?

 

「これはすごい!」

 

と思ってすぐ連携したのですが・・

 

クレジットカードを使った日にデータが上がってこない

 

んですね。

 

だから

 

今日いくら使ったか把握できない

 

これがわたしが家計管理をできない原因のひとつでした。

 

だからクレジットカードも銀行も証券会社も

連携を辞めました。

 

しかも連携先が多くなると無料では使えなくなります。

 

人気家計簿アプリZaimだと360円(税込)

マネーフォワードだと480円(税込)かかります。

 

年間で約5,000円

 

です。

 

結構コストがかかると思いませんか?

 

毎日いくら使ったかすぐわかる!支出の種類もグラフですぐわかる!

最近はペイペイやLINEペイと言ったすぐに

使った金額がわかるものも出てきました。

 

でもやっぱりまだ

 

クレジットカードの出番は多いし、

 

現金を使う場面も多くあります。

 

そう考えると

 

全て手入力するのが

 

一番シンプルな方法なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは家計簿アプリZaimを無料版で使っています。

これなら一日にいくら使ったかすぐわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

グラフもあるので各支出ごとにいくら使ったかも

すぐにわかります。

これによって減らしたい支出を把握することも可能です。

 

 

家計簿アプリは無料でも十分使えます!

 

固定費を入力しない使い方はシンプルでわかりやすい!

毎月の収入、固定費、貯金額が決まっていて

変動費の予算をコントロールできれば

自然と貯金は増えます。

 

それができれば固定費を入力しない使い方ができます。

 

このように固定費を入力しないのは

シンプルで続けやすいのです。

 

かつ、

 

変動費に対して使った金額がすぐにわかるので

 

家計改善もしやすくなります。

 

 

家計簿アプリは家計改善をするためのツール 改善できたら使わなくてもOK!

家計簿は家計改善のためにつけるものです。

家計改善ができて、貯金も毎月決められた金額できていて

支出も予算内に収まっていれば

家計簿をつけなくても大丈夫です。

 

自力で家計改善をするのは大変です。

 

でも、今はbookee(ブーキー)という第三者の力を借りて家計改善を

するサービスもあるんですね。

 

bookeeでは無料で家計診断をしてもらえます。

 

わたしはbookeeに通ったおかげで

かなり家計改善ができました。

 

家計簿アプリを無料で使いこなせるようになったのも

bookeeで学んだおかげです。

bookeeに通うまでは、家計簿アプリをただ入力するだけでした。

 

あなたの家計の悩みを相談してみませんか?

 

家計簿を続けられるようにもなるし、

 

最終目的である家計改善も実現できます。

 

 

bookee

コメントはお気軽にどうぞ♪

この記事はいかがでしたか?
ご質問・ご感想は『当記事下のコメント欄』よりお気軽にどうぞ♪
当ブログ管理人・RIEが、1通1通お返事を差し上げます☆

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
オシャレで楽しいお金の習い事をしてみませんか?

bookee

「仕事を辞めたいけどお金が不安・・」

「今のままの貯蓄では将来が不安」

と悩んでいませんか?

お金の勉強をしたことでお金のために働くのをやめ、やってみたいという基準で新しい仕事をみつけることができました。

仕事も子育ても楽しみたい。それを叶えてくれるのはお金に振り回されないことです。

子供と一緒に成長できるお金の勉強をしてみませんか?

簿記、FP、株式投資、お金のトレーニングをしたわたしが、ワーキングマザーにぴったりなお金の勉強をご紹介します!

仕事を辞めたらお金のことはどうしよう?そんな悩みを解決してくれるのは「ABCash お金のパーソナルトレーニング」

 

 

 

自己紹介

管理人:RIE

はじめまして。RIEといいます。
簿記、FP2級持っています。
3男児育児中のワーママです。

育児と仕事の両立に悩んでいましたが、「お金の勉強」をしたことをきっかけに考えが変わり、お金のために働く会社員を辞めて、自分で時間を調整もでき、やってみたいと思う仕事を見つけ個人事業主になりました。

お金のために働くのではなく、自分のペースでやってみたいという基準で仕事ができるようになって、子供や家族、自分を犠牲にしてしまうことのない生活を叶えられました。仕事と子育ての両立が辛いなら「お金の勉強」をしてみませんか?

詳しいプロフィールはこちら

雇われるだけが仕事ではない!

起業して個人事業主になるという選択もありますよ。雇われるだけが仕事ではないです。

辞める前に副業からでも大丈夫です。

「会社を辞めるときが一番辛いもの。その後は本当に楽しい」

という京大MBA出身加藤将太さんのお言葉が印象的です。

本当にその通りと実感しています。

ワーママだからこそ時短で副業・起業!その方法とは?

 

カテゴリー
最近の投稿
姉妹ブログのご紹介

ファイナンシャルプランナーとしてお金の教養を発信しています。

「お金に振り回されず、より楽しく豊かに暮らしたい」

が叶うブログです。

「No money no life」

ページの先頭へ