仕事と育児の両立に限界!夫の協力を期待してはダメな3つの理由

目安時間:約 7分

仕事と育児の両立に限界を感じると思って

いませんか?

 

(夫が)もっと育児してくれたらなぁ

 

なんて思っていないですか?

 

でも

 

それだけでは仕事と育児の両立の悩みは解決できないです。

その理由は2つあります。

 

仕事と育児の両立の限界・・アメリカのお母さんだって悩んでいる!

 

アメリカではご主人が家事育児の大半を

担って、妻がバリバリ仕事をしている人

も多いようです。

 

毎朝朝ごはんを用意してくれて

学校へ送り出してくれて

子供を保育園にも連れて行ってくれて・・

帰りはお迎え、夕飯、宿題の面倒・・

子供が突然熱を出したらすぐ帰って面倒をみて

 

ここまでやってくれたら思う存分働けそうですよね?

 

でも、それでいいですか?

 

アメリカ人はご主人の育児の比率が高くても

子供がお母さんがいないことを寂しがって

結局は仕事を辞めているケースもあります。

 

子供との時間を犠牲にしていることに

罪悪感を持っている

 

んですね。

 

母親だから当たり前の気持ちですよね。

 

だからどんなにご主人が協力的であっても

出産前と同じように仕事をしながら

育児を両立させる

 

というのは

 

いつもジレンマを抱えながら

長い年月を過ごす

 

ことになります。

 

 

 

仕事と育児の両立の限界・・日本の社会構造が変わらなきゃダメ

もうひとつ

 

日本でご主人がアメリカのように

家事育児に重点をおいたらどうですか?

 

 

 

ご主人の会社生活に支障が出るでしょう?

 

日本人妻の考えとしてやっぱり

仕事で成功して欲しいものです。

 

日本はまだまだ男性中心社会だし

急激に変わることはできません。

 

日本の社会構造が男性中心なことから変わらなければ

ご主人の家事育児は進まないということです。

 

  • 女性は家事育児もしながら男性並みに働くという考えではなく男性が仕事時間を減らすという考えに変わること

 

  • 特に育児中の女性は一度辞めたら専門職や営業職以外の正規雇用は難しい社会構造から正規雇用に拘らず同じように働ける社会に変わること

 

 

これらが変わらないとご主人がご主人の家事育児に時間を

とることは難しいのではないでしょうか?

 

いくらわたしたち女性が働き方改革をしても

効率化にも限界があるし

働く時間が減って収入が減っても意味がありません。

いくら子育てに理解のある制度があっても

仕事と育児の両立は限界がきます。

 

 

子育て期間中は仕事のペースを落として

落ち着いたらもう一度バリバリ働けるような

社会がないんですね。

 

 

残り続けるか、辞めるかしか選択肢がない

 

んですね。

 

仕事と育児の両立に限界を感じるなら今の日本での解決策はこれ!

  • 結局は母親が子供との時間を取れる状況が必要
  • 男性中心の社会構造が変わるまでに時間がかかる
  • 仕事に残るか、辞めるかの選択肢しかない

 

この3つが夫に期待してもダメな理由じゃないでしょうか?

 

あなたが育児と仕事の両立に限界を感じている

のなら考えを変えてみませんか?

 

今すぐ男性中心社会構造が変わってくれたらいいですが

子育てしているのに待っていられないですよね?

 

母親なんだから子供との時間を楽しみたい

わたしは思います。

子供との大切な時間がもっと欲しくないですか?

 

 

 

これをやった方が心の安定につながります。

収入UPはあとからついてくるものです。

 

日本も増えつつはありますが

アメリカは5人に2人がフリーランスで働いています。

個人によって家庭事情はちがいます。

自分に合った働き方ができるのは

起業する(フリーになる)ことです。

 

起業まではちょっと・・と思うなら

 

お金の勉強に時間をとりつつパートで働く

のが育児と仕事の両立に向いています。

 

いずれも

 

選択肢が広がる

 

ということです。

 

その方が子育て楽しめるし

自分も楽しくいられます。

 

お母さんが仕事と育児の両立にジレンマを

抱えているのと同じように

 

子供も、お母さんを応援していると同時に

 

家にもっといてほしいことに

 

ジレンマを抱えている

 

はずです。

 

子供のため、自分のために柔軟に働くこと

考えてみませんか?

 

自分から動いて変えていくのが1番の解決策です。

 

 

 

 

 

 

コメントはお気軽にどうぞ♪

この記事はいかがでしたか?
ご質問・ご感想は『当記事下のコメント欄』よりお気軽にどうぞ♪
当ブログ管理人・RIEが、1通1通お返事を差し上げます☆

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
オシャレで楽しいお金の習い事をしてみませんか?

bookee

「仕事を辞めたいけどお金が不安・・」

「今のままの貯蓄では将来が不安」

と悩んでいませんか?

お金の勉強をしたことでお金のために働くのをやめ、やってみたいという基準で新しい仕事をみつけることができました。

仕事も子育ても楽しみたい。それを叶えてくれるのはお金に振り回されないことです。

子供と一緒に成長できるお金の勉強をしてみませんか?

簿記、FP、株式投資、お金のトレーニングをしたわたしが、ワーキングマザーにぴったりなお金の勉強をご紹介します!

仕事を辞めたらお金のことはどうしよう?そんな悩みを解決してくれるのは「bookee お金のパーソナルトレーニング」

 

 

 

自己紹介

管理人:RIE

はじめまして。RIEといいます。
簿記、FP2級持っています。
3男児育児中のワーママです。

育児と仕事の両立に悩んでいましたが、「お金の勉強」をしたことをきっかけに考えが変わり、お金のために働く会社員を辞めて、自分で時間を調整もでき、やってみたいと思う仕事を見つけ個人事業主になりました。

お金のために働くのではなく、自分のペースでやってみたいという基準で仕事ができるようになって、子供や家族、自分を犠牲にしてしまうことのない生活を叶えられました。仕事と子育ての両立が辛いなら「お金の勉強」をしてみませんか?

詳しいプロフィールはこちら

雇われるだけが仕事ではない!

起業して個人事業主になるという選択もありますよ。雇われるだけが仕事ではないです。

辞める前に副業からでも大丈夫です。

「会社を辞めるときが一番辛いもの。その後は本当に楽しい」

という京大MBA出身加藤将太さんのお言葉が印象的です。

本当にその通りと実感しています。

ワーママだからこそ時短で副業・起業!その方法とは?

 

カテゴリー
最近の投稿
姉妹ブログのご紹介

ファイナンシャルプランナーとしてお金の教養を発信しています。

「お金に振り回されず、より楽しく豊かに暮らしたい」

が叶うブログです。

「働く女性のためのお金の教養」

ページの先頭へ